千葉診クローバー保育園

                  

千葉診クローバー保育園の想い

豊かな心を育て、何事にも感謝する気持ちや素直な気持ちを育みます。

  • 保育室                                 
    光が差し込む大きな窓がある保育室

施設案内

  • 入り口                                 
    保育園は千葉診療所ビル2階にあります
      • 給食風景                                 
        給食風景
      • おにぎり
        節分時には、鬼のおにぎりが出ました
      • 園児
      • トイレ
        暖房便座の洋式トイレを採用しています
      • イラスト
                  

保育目標

  • ●愛情のある子

    ●夢を持っている子

    ●感謝の気持ちのある子

保育園では0~2歳のお子さんを中心に、お家にいるような 家庭的な雰囲気を大切に、また、同じ施設内にいらっしゃる 高齢者、幅広い年齢の方とふれあう機会を持つことができます。 ひとつの家族として、お友達はきょうだいのように、保育士は 親のような役割をもって、あたたかな保育を目指しています。 保護者の方には、安心してお子さんを預けていただけるよう、 日々会話を多く持ち、お子さんの成長を共に喜び悩みを共有し、 ともに育てる関係を築いていければと思います。


                    

1日の流れ

8:00
登園
自由遊び
9:40
朝の会(季節のうた、あいさつ)
10:00
活動(戸外、室内あそび)
11:00
給食
12:00
午睡
15:00
おやつ
自由遊び、順次降園
18:00
補食
19:00
降園

施設概要

  • 施設名

    千葉診クローバー保育園

  • 園長

    川上 美和

  • 所在地

    千葉県千葉市中央区院内1-8-12

  • 連絡先

    TEL 043-301-6523

  • 開設日

    平成27年1月5日

  • 種別

    企業主導型保育園

  •                         
  • 定員

    18名(0才児6名、1才児6名、2才児6名)

  • 保育対象

    ・千葉診療所従業員の子ども

    ・契約企業従業員の子ども

    ・地域の方の子ども

    ・一時保育

  •                         
  • 入園年齢

    生後3ヶ月から2才児まで

  •                         
  • 開園日時

    年中無休24時間保育(1月1〜3日のみ休み)

    基本 8:00~19:00

  •                         
  • 職員

    園長1名  保育士3名  パート職員2名

  •                         
  • 配置

    0才児  :保育士=3:1

    1.2才児:保育士=6:1     +1名

  •                         
  • 施設概要

    延床面積 79.13㎡ / 免震構造

    鉄筋コンクリート造 / 12階建てのうち2階

    ※園庭はなく、近隣の公園を代替園庭として利用しております。

ご質問・ご相談は以下よりお願いいたします。

クローバー保育園に関するご質問・ご相談は

千葉衛生福祉協会 千葉診クローバー保育園(担当:川上)

043-301-6523

受付時間 日曜・祝日を除く平日 8:00~17:00まで




苦情窓口の設置について

社会福祉法第82条の規定により、以下の保育園では利用者からの苦情に 適切に対応する体制を整えました。

苦情責任者、苦情受付担当及び第三者委員を下記の通り設置しましたので お知らせいたします。



                  

苦情窓口

苦情受付担当
     保育士 廣澤 真由美(連絡先: 090-6115-8042)
苦情解決責任
     園長  川上 美和
第三者委員
     弁護士 河野 祥多(連絡先:03-3551-1590)


ご意見・ご相談・苦情解決の方法

①苦情の受付

苦情は面接・電話・書面などにより苦情受付担当者が随時受付けいたします。 なお、第三者委員に直接、苦情を申し出ることも可能です。



②苦情受付の報告・確認

苦情受付担当者が受付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者 委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。 第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。



③苦情解決のための話し合い

苦情解決責任者は苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。 その際、苦情申出人は第三者委員の助言や立会いを求めることができます。 なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。



ア. 第三者委員の立会いによる内容の確認


イ. 第三者委員による解決案の調整、助言


ウ. 話し合いの結果や改善事項等の確認





苦情解決状況

  

現在、苦情解決状況はございません。

このページの先頭に戻る